■ 台北ふたたび ■

1日目:1/7(金) 「飲み会の日」

中正紀念堂

←「計画と準備」へ戻る■ ◆ ◆ ◆ ■2・3日目(1/8・9)へ進む→

1/7(金)
成田空港(9:20)-EL2103→(12:25)台北・中正空港
ツアー送迎で市内へ
台北市内観光・飲み会
宿泊先:シーザーパーク(台北凱撒大飯店)

- 2 0 0 5 / 1 / 7 ( 金 ) -

温度差がある所へ旅をする場合、考えてしまうのが服装です。

台湾は常夏…とまでは言わないにしても沖縄よりも南の島で、割と温暖な気候。冬の日本は言うまでもなく寒い。
結果として服装は双方歩み寄りの妥協案、なんだか初冬っぽい格好に落ち着いたのですが、これじゃ日本で寒くて、台湾で暑いだけでした!自分の思いきりの無さを少しばかり後悔しつつ、空港へ向かうのでした。

成田空港のANAハローツアーの専用受付でチケットを受け取って、チェックインもほどなく完了。
第二ターミナルのB74ゲートから飛行機に搭乗。

成田空港9:20-EL2103(4:05)-台北・中正空港12:25 (時差1h)

便名はエアーニッポンなのですが、機材はANAのボーイング767。座席はテレビも無いシンプルなもので、とは言え国内線よりは前後の間隔も何となく広いので、まぁボーッと過ごしておりました。

搭乗機富士山

途中、富士山を上から眺めるルートを通過。
進行方向左側の席に座っていたはずなので、結構北側を通ってたんだなー。左上のごちゃっとした白がスキー場(イエティ)かな。

中正空港はターミナル2への到着。前回の台湾は1だったけど、こっちの方が少し綺麗かな?
送迎のミニバンに乗り込んで、DFS経由で宿泊先に到着です。

チェックイン時には、謎に現地係員さんがフロントに飾ってあったリンゴを手に取って「コレはニセモノじゃないから食べなさい」と渡してくれました。なんかビタミン系が不足してるように見えたかな…。

宿の部屋より

エレベーターで部屋へ向かうと、16階で結構な高さ。
窓からの景色は、街中ゆえ遠くまで見渡せる訳じゃないですが(すぐそこまで隣のビルが迫ってるし)、ここから見える街並みだけでも日本の物とはちょっと違う印象です。
服装を台北に合わせてちょっと軽くして、いざ市内観光へ!

まずやって来たのは、台北駅からMRTで1駅、西門にある阿宗麺線。
スナック間隔で汁物の麺を買って、店の前でちょちょっと啜るという図が個人的には大好きです。味の方も、ちょっと辛みの利いたモツ入りの麺がたまりません。辛めの薬味なんかも置いてあって、自由にかけられるのですが片手で丼を持ってるのでバランスが難しい!

麺線、お店の前にて

ちなみに1月の台北、たまーにかなりあたたかそうなカッコの方がいたりするのですが、実際はそんなに寒くないです。最低気温で10℃くらいはあるので、あったかいと言っても良いと思う。
台湾人は寒がりなのかもしれない。現地在住の日本人に話を伺った限りだと、住むと寒がりになる、(海外のドラマの)コートを着たいから、なんて話も。

西門の街をちょっとブラついた後は、再びMRTに乗り込んで今度は台北駅の1駅東側、善導寺駅にやって来ました。

茶店

ここから向かうのは駅すぐそこにある茶芸館。
上品で落ち着く内装の店内で、ウーロン茶とお茶請け(点心)をお願いし、ゆっくりと過ごしました。

その後は台北駅付近に戻り、前回の台湾旅行で宿泊した日本人宿「おおしろ」を再訪。ここで前回の旅行で出会ったメンバーと合流。ちょうど花蓮方面から帰ってきたところのようで、旅の話を聞きつつ近くの食堂へ移動。

宴会

注文は中国語が堪能な仲間にお願いし、美味しい中華にありつくことができました。写真には写ってませんが、もちろん大量の台湾ビールとともに消費です。

二次会はバーで

食後はタクシーでバーに移動。ビリヤード台なんかもついているお店で、遊びながら楽しく飲んだ夜でした。
ちなみに、お通しで落花生が出てくるのですが、現地の人はみんな殻を床に落としながら食べるみたい。

午前3時の台北

お店を出ると…2時半くらい。海外でここまで飲むとは…!宿に戻って寝たのは3時過ぎ。明日は宿酔いかなぁ。。
←「計画と準備」へ戻る■ ◆旅行記の一覧へ◆
■2・3日目(1/8・9)へ進む→
↑「みなと」トップページへ↑