NZ国旗

■ 空 の 遙 か へ ■
〜NZ北島・ドライブ&スキー〜

暑い夏が訪れた日本を離れ、冬のニュージーランドへ。

空
←旅行記メニューへ戻る■
NZ地図

■旅程概略■
行先:ニュージーランド 期間:2006/07/13〜18(5泊6日)

7/13(木)
成田空港(18:15) -NZ90→
機中泊
7/14(金)

-NZ90→ (10:40) オークランド国際空港→ 宿泊先(1)
→ ヴァイアダクト・ハーバー→ デヴォンポート
→ ニュー・マーケット (Lion Brewery)

宿泊先(1):Hyatt Regency Auckland
7/15(土)
宿泊先(1) → サザンレンタカー・オフィス
→ スーパーマーケット → 空港 (お迎え)
→ タウポ/フカ・フォール → 宿泊先(2)@ファカパパ
宿泊先(2):SKOTEL Alpine Resort
7/16(日)
宿泊先(2) → ファカパパ・ヴィレッジ
→ ファカパパスキー場
宿泊先(2):SKOTEL Alpine Resort
7/17(月)
宿泊先(2) → ロトルア → マタマタ (Tour参加)
→ オークランド → 宿泊先(3)
→ ヴァイアダクト・ハーバー → デヴォンポート
宿泊先(3):Carlton Hotel Auckland
7/18(火)
宿泊先(3) -Taxi→ オークランド国際空港
(8:30) -NZ99→ (16:40)成田空港


車が走っていく。

遠くまで広がる草原と、そこを切り裂くように伸びる一本道。
青い空、緑の大地、そこを駆け抜ける銀色の車。
あぁ、これ俯瞰で撮ったらまんま車のCMだなぁなんてコトを思いながら進んでいく。
でもちょっとコレ、スピード。出しすぎじゃ?

ニュージーランド。
この国には、絵に描いたような自然の姿があった。
窓を開けると冷たく、乾いた風。じめじめした日本の空気とは全く違う、気持ちのいい風が頬を撫でる。
何せ今は7月。日本は梅雨、こっちは…冬なんだから!

というコトで、今回の旅はニュージーランド・北島ツアー!5泊6日、季節を飛んで参りました。
もともとの目的は「夏なのにスキー!」という全面スポーツ志向だった訳ですが、着いた初日にストイックに滑るような気力は消え去り、結果としてはグルメツアーだかドライブだかよくわからないような旅に。
ではでは、いつもの準備編は以下の通りでございます〜。

<計画と準備>

日本でも山形・月山で夏スキーが楽しめるものの、せっかくだったら広大なスキー場で滑りたいもの。
(いや、月山自体は物凄く興味あるんですけどね)
南半球でスキーと言えば…やっぱりニュージーランドか!ってな訳で高校時代からのスキー仲間と計画開始です。

初夏を迎えた5月の神宮・森のビアガーデンで肉を焼き焼き詳細を詰め、あとはトントン拍子。
スキー場は敢えて北島のファカパパを選択。日本ではマウントハットが有名ですが、こっちのが広いらしいです。

【航空券】
□ニュージーランド航空|東京〜オークランド往復|\71,000+Tax|正規割引|公式Webより予約
経由便も考えたものの、値段も変わらないので直行便!この時期は一年で一番安い時期なのです。諸税込\84,970。
ちなみに、春に新しくなったばかりのピカピカの飛行機。設備も食事もなかなか素晴らしかったです。

【ホテル】
□オークランド(1)Hyatt Regency Auckland|NZ$135/泊/2人|Twin|公式Webより予約
 NZホテル、意外と安い!エコノミークラス・ホテルと大して変わらないのでこちらを予約。
□ファカパパ・ヴィレッジ(2)SKOTEL Alpine Resort|NZ$360/2泊/4人|Cabin|公式Webより予約
 「Cabin」は一棟建て。激寒の中のシャワーは辛かったけど、大自然を望むロケーションはもう!
□オークランド(3)Carlton Hotel Auckland|NZ$150/泊/2人|Twin|公式Webより予約
 言うコト無しの5つ星ホテル。この値段でいいの?今は経営が変わってますが、値段は同じくらい。

【レンタカー】
□サザンレンタカー|NZ$195/3日|ステーションワゴン|公式Webより予約
 日本人経営のレンタカー。何が来るかと思っていたらレガシィ!対応も素晴らしかったです。
 念のためチェーン(NZ$10/週)をつけたんですが、無くても大丈夫だった?

【ガイドブック】
王道・歩き方!
…を買って、行く前に紛失(-_-; プランが決まってたのと仲間のガイドブックでそんな困りませんでした。

【予習】
ニュージーランドは映画の名産地。今回はロード・オブ・ザ・リングのロケ地ツアーに参加してきました。
という訳で3部作全部チェック…長すぎ。 面白いけど。
この影響で旅の道中、ことあるごとに「マーイプレーシャース!」という台詞が(^^;

←旅行記メニューへ戻る■