LaosThai

■ 夏の水辺に寝そべって ■
〜ゆるラオタイ〜

今夏は「おおしろメンバー」と行くラオスとタイ!ゆる〜い旅で充電。

バンビエン
←旅行記メニューへ戻る■
広域地図
詳細地図

■旅程概略■
行先:ラオス・タイ 期間:2007/08/11〜18(7泊8日)

8/11(土)
成田空港(13:30) -OZ101→(15:55)ソウル・仁川空港(17:30) -OZ741→(20:50)バンコク・スワンナプーム空港
-551/59番バス→カオサン通り
宿泊先(1):カオサン通りの安宿
8/12(日)

カオサン通り-59番バス→バンコク・ドンムアン空港
(06:00)-DD9200→(07:00)ウドンターニ空港-乗り合いタクシー→タイ・ラオス国境→ビエンチャン市街
ビエンチャン-VIPバス→バンビエン

宿泊先(2):Xayoh Riverside Bungalow
8/13(月)
バンビエン
PM:ナムソン川カヤック下り
宿泊先(2):Xayoh Riverside Bungalow
8/14(火)
AM:タムチェン洞窟
バンビエン-VIPバス→ビエンチャン
宿泊先(3):Green Park Boutique Hotel
8/15(水)
ビエンチャン
AM:ブッダ・パーク→ビアラオ工場
PM:市街(タラート・サオ/ホテル内)
宿泊先(3):Green Park Boutique Hotel
8/16(木)
ビエンチャン→タイ・ラオス国境-乗り合いタクシー→ウドンターニ空港(17:40)-FD3365→(18:40)バンコク・バンコク・スワンナプーム空港→スクンヴィット通り
宿泊先(4):Zenith Sukhumwit Hotel
8/17(金)
バンコク
パッポン→チャオプラヤ川→ワット・アルン→バンランプー市場→サイアム
→スワンナプーム空港
機中泊(↓)
8/18(土)
バンコク・スワンナブーム空港(01:20)-OZ744→(08:20)ソウル・仁川空港(10:00)-OZ102→(12:10)成田空港

ラオスに行かずして、ビール好きを標榜するなかれ。

…と誰が言ったか知らないが、確かにラオスのビールの美味さは有名。なぜ山奥の社会主義国で美味しいビールができるのか?疑問は生まれども解決されない。何故かと言うと、日本でのビア・ラオの流通量は極端に少ないのです。

じゃあ、行っちゃえばいいじゃないか!
そんなキッカケで計画されたこの旅。旅仲間「おおしろ」メンバーのがっくん、ハセの賛同を得て3人で行く賑やかな旅となったのでした。直行は無いのでバンコク経由でキップを手配し、行ってきます〜!

<計画と準備>

旅慣れた仲間と一緒だと心強いもの。手配…してないなぁ(笑
自分で手配したのは行き帰りの飛行機と、1泊目@バンコクくらいです。

【航空券】
□アシアナ航空|東京〜バンコク往復|\75,000+Tax|格安|フリーバードより予約
ドお盆のためやむなく経由便。去年行ったNZと値段が大して変わらないという高さ!諸税込\87,120。
帰路のバンコク〜ソウル便ではアップグレードに見舞われて大喜び。

【ホテル】
□タイ・バンコク(1)カオサン通りの安宿|THB140/泊/1人|Single|飛び込み
 空いてた安宿に適当に投宿。3時間ちょいしか寝てないけど、夜通しビール飲んだ方が高いくらいなので適正価格。
□ラオス・バンビエン(2)Xayoh Riverside Bungalow|US$60/2泊/3人|Twin+Extra|
 素敵な川沿いのヴィラ。エアコンの効きはさておき街の中心にも近く、まったりも遊びもこなせる良い宿でした。
□ラオス・ビエンチャン(3)Green Park Boutique Hotel|US$150/2泊/3人|Twin+Extra|
 中田も泊まった一流ホテル。リゾートだ!そのくせ街中へのアクセス良好という矛盾。
□タイ・バンコク(4)Zenith Sukhumwit Hotel|THB3,000/泊/3人|Twin+Extra|
 よく覚えてないけど、こんなモンだったっけ?という印象の薄さ。他が強すぎたなぁ。普通のビジネスホテル。

←旅行記メニューへ戻る■