■ 南国・花火・初空 ■
〜年越しシンガポール・ランカウイ〜

4・5日目:12/30(火)・31(水) 「マレー時間」

ケーブルカー

←3日目(12/29)へ戻る■
◆ ◆ ◆

12/30(火)
シンガポール・チャンギ空港(15:30)-MH674→(16:55)ランカウイ空港
宿泊先(4):Langkawi Boutique Resort
12/31(水)
ランカウイ島(のんびり)
宿泊先(4):Langkawi Boutique Resort

- 1 2 / 3 0 ( 火 ) -
MH-B737 ◆体調不良につきまして…

昨日風邪っぽかったのですが、さらに悪化。旅行中なのに…。

まぁひいてしまったモノは仕方ないので、養生しようというコトでホテルでだらだらー。観光できず勿体ないのか、高級ホテルを満喫しているのか。このそんなでもない不幸感がビミョーすぎる!

シンガポール15:30-MH674(1:25)-ランカウイ16:55

空港でもひととおりグッタリした後、飛行機に乗り込むのでした。。

ランカウイ空港 ◆南国っぽい雲
ランカウイ島まではたったの1時間半。シンガポールよりは北に位置しているのですが、気温差はそんなに無く、年間を通して最低気温が20℃を下回ることはないあたたかーなトコロです。

無事着陸した飛行機からタラップで上陸!到着した島の天気は…ご覧の通り、雨は降ってないけどでっかい雲に覆われていて、やっぱりビミョーでした。年末年始のランカウイは乾季で、悪い時期じゃないはずなのですが。

初マレーシア、天気的には「ようこそ!」って感じじゃなくて、何だか素っ気なーい感じだなぁ。でも、タラップで降りたおかげもあって初っ端から広〜い空がみられました。ま、これはこれで。

タクシーのりば ◆懐かしのマーク

入国審査は大して混まず、スムーズに通過。そもそも上の写真の通り、飛行機自体が大して来てないし(^^;

体調的に大事を取って、大人しくタクシーのカウンターへ直行。ホテルまでの足を手配します。流石にこんな時は価格交渉なんかやってられないし、バスを(探して)乗るなんてのももってのほかです。

手配を終えて左を見ると、日本でも見慣れたあのマーク。こちらでも良いアイコンとして活躍しているご様子でした(笑

夕食 ◆謎のうどん

夕方ホテルにチェックインした後はひたすら睡眠!流石に海外で風邪っぴきのまま年越しました〜なんてのは笑えないのです。一緒に行った友人には迷惑かけちゃってますが…。

3時間ちょっと寝て夜9時頃に起床。体調が少し良くなったと感じると、何か食べたくなってきました。ルームサービスなんて無さそうなお宿なので、お店が無いか捜索。ホテルのレストランはやってなかったのですが、ホテルの真正面で露店が営業中。いいのか(笑

選択の余地も無いのでなんか食べ物ください〜と注文。そして出てきたのはうどん的なもの。いやぁ、風邪にはちょうど良い食べ物でありがたい!ちょっと辛かったけど、美味しく頂きました。

- 1 2 / 3 1 ( 水 ) -
宿の前 ◆素朴な街

翌日。良かった!だいぶ回復!
大晦日はまずまず元気な状態で迎えることができました。

まずはホテルのレストランでしっかり朝食を頂き…と思ったものの、あんま食欲をそそるものが無く、ヌードルスープとオレンジジュースで簡単に済ませました。ちょっと宿代ケチりすぎたかなぁ。。

ホテルの外に出てみると、気持ちの良い晴れ、そして…昨日はあんまり眺める余裕もなかったホテル前の道。だいぶ良い感じにさびれてますね(^^; ランカウイ、プーケットやバリほど栄えてないけど、一応レストランやツアー系のお店なんかはチラホラありそうで、これくらいがちょうど良い、って人は結構いそうです。

ビーチ・パラソル ◆病み上がり

というコトで、本日はビーチでのんびりすることにいたしました!
やってるコトは、昨日部屋でうんうん言いながらグッタリしてた時とほぼ変わらないのに、太陽の下だとこうも違うか!(笑

ま、病み上がりだし、良いんです。
ゆーっくり流れていく時間。怠惰だなぁ。

ここにはバリ島のようなゴザや飲み物食べ物を強引に売る人もおらず、静かに過ごせます。たまにビールが欲しくなるので、近くの売店まで買いに行ったくらいで、基本はゴロゴロ。

やっと「年末年始のバカンス」っぽくなってきた!

ビーチ(引き) ◆流れる雲と、飛行機と
お昼ゴハンも、パラソルに寝転んだままで近くの(海の家的な)お店から運んでもらえて、いやー、楽すぎる。
ちなみに頂いたのは中華丼に酷似した海鮮あんかけゴハン。美味。

ボーッともくもく流れる雲を眺めていたら、ちっちゃい飛行機がスーッと通り過ぎていく。あ、そう言えばこのビーチ、ランカウイ空港からも結構近かったなぁ。それなりに音も聞こえてくるのですが、それも波の音と一緒にBGMがわり。心地良いものです。
この写真にも、真ん中ちょい右くらい。米粒サイズの物体はエア・アジアの飛行機です。さすがマレーシア、エアアジアが多かった。

結局夕方近くまでを過ごして、いったんホテルに戻ってから夕食へ。

水田 ◆お米博物館
宿からさほど遠くないエリアに良いレストランがあるようなので、運動不足の解消も兼ねて歩くことに。20分弱くらいだったかな?

レストランを目指していたつもりが、妙に立派な敷地の中は水田。ラマン・パディというお米の博物館があって、レストランはその敷地内にあるみたいです。

写真の中ほど、ヤシの木の下に何やら人が集まっていたのですが、みんなで(お正月向け…とかそういうのは良くわからなかったけど)お菓子を揚げたりしてました。ちょっと見ていたら手招きをして頂いて、有難くご相伴にあずかることができました。
いや、そんな物欲しげな目じゃないですよ!興味深く見てましたが(笑

スチームボート
◆年末らしく鍋?

ラマン・リアというのが本日訪れたレストランの名前。お店に入っていくと何と日本の方にお出迎え頂きました。調べたら日本語ホームページまであった!

メニューは和食なんかも扱っているようでしたが、やっぱりスチームボートでしょう!マレーシア的な鍋料理です。カニ・イカ・エビ・魚などの魚介類やたっぷりの野菜、変わったところでは玉子豆腐的なものをお鍋に入れて頂きます。あぁ、なんだか安心する料理!

こういう時は病み上がりだろうとビールをしっかり頂き、満喫いたしました!ちなみにしっかり〆まであり、ラーメンと卵を割り入れて…これが今年の年越しそばかな。

花火 ◆年越し

ランカウイの年越し、非常にまったりしておりました。

11時半くらいにビーチに行ったところ、そこかしこで花火パフォーマンスっぽいものがやっていて、人も多く賑やかではあったのですが、変に大騒ぎしている訳でもなく。

なお、肝心の年越しは花火の打ち上げブース毎に数分の時差があって、一番早いところは23:58に新年を祝う花火があがってました(笑
そんなトコロも含めて、何だかほほえましい場所でした。

←3日目(12/29)へ戻る■