■ 南国・花火・初空 ■
〜年越しシンガポール・ランカウイ〜

8・9日目:1/3(土)・4(日) 「スロー・ステイ」

ケーブルカー

←7日目(1/2)へ戻る■
◆ ◆ ◆
Travelogue:22 / Singapore-Langkawi

1/3(土)
シンガポール・チャンギ空港(20:40)-SQ632(バンコク経由)→
  機中泊
1/4(日)
→(07:00)成田空港

- 1 / 3 ( 土 ) -
夜明け ◆朝焼けチャンギ

一応優雅なホテルステイ。部屋の窓は空港とは反対側を向いていたので、飛行機の音はさほど気にもならず、快適に眠れました。まぁ、それでも空港側がよかったけど!(しつこい

窓からの景色は、まずこのホテルの特徴である謎のフレーム的なモノが見え、その奥に管制塔が聳えております。朝7時、早起きです!

チェックアウトの時間までは、部屋でゴロゴロしたり、プールに行って泳いだりして過ごしてました。ココのプール、結構複雑な形をしてまして、メインのエリアは25mくらいはありそうなのですが、脇道的なエリアはそこら中が植え込みで区切られていて、まるで迷路。単に泳いでいるというよりは、探検しているような気分になりました。

チキンライス ◆特段目的もなく
年末に3泊滞在したシンガポール。もはや巡るところなど思いつかず…。今思い返すと、せっかくなら初詣でも行けば良かったのですが。

お昼近くになってホテルをチェックアウトして、向かったのはシティホール近辺。ラッフルズホテルでお土産でも買おうかと思い、Thos SB Rafflesで紅茶やシンガポール・スリング・ミックスなど数点を購入し、周辺をぶらぶら。

ホテルを出て歩いていたら、そのまま何とはなしに向かいのチキンライス屋さんへ足が。この流れで何回も来ているような…。ガイドブックに載ってるほどのお店じゃないのですが、まぁ悪い味でも無く。ほどほどに充実したランチを頂いたのでした。

メイドカフェ? ◆波及

昼食後はシティホール駅方面に歩いていきつつ、途中のチャイムスへ寄り道。修道院を改築した、お洒落な感じのモール…とガイドブックには書いてあったのですが、そこにはメイドカフェの看板が!

なかなかやるなぁ、シンガポール!(笑

せっかくなら訪問してみれば良かったのですが、結局おじゃますることはなく…。しかし、偉大なる日本のネットメディアさんが早くも2007年に訪問レポートを書かれていたので、リンクを貼っておきます。
その後、駅近くのショッピングモールを冷やかして、早くも空港へ…。

ホーフン ◆フードコート

お昼ゴハンからまだ3時間も経ってませんが…海外旅行でやるコトが無くなると途端に食に走ってしまうのは悪い癖だなぁ。

MRTで空港に来た後、やって来たのはターミナル3地下のフードコート。アクセス抜群、清潔でお安く、お店も豊富と個人的には言うコトなしの場所。ローカル感にはちょっと欠けますが。

今ならあまりがっつかず、ゆっくりお店を見比べてから選べます。なぜなら大してお腹も減ってないので(笑

最終的に選んだのは河粉(ホーフン)と呼ばれる麺料理。お米でできた、きしめんの更に幅広いバージョンかな。美味しかった!

空港内
◆そして日も暮れ…
おなかも一杯になると、いよいよやるコトがなくなってきた感が出てきて、フライトの約4時間前にもかかわらず出国して制限ゾーンへ(笑

ラウンジに行ってはみたものの、食事にはもちろん興味ないし、お酒だって飲む量には限界が。ネットやってるのも何だかね。と、何とも冴えない感じに。じゃあ、空港内をぶらぶら回ってみますか!というコトで、乗ったことのないターミナル3→ターミナル2のシャトルに乗り、散策。動きとしては、もはや不審者に近いような…反省。

それでも時間というのは過ぎていくもの。気付けば日も暮れ、登場時間になったのでした。
しかし、この数時間のお陰でかなりこの空港に詳しくなりました(^^;

帰国便はB777
◆いよいよフライト
まさしく待ちに待ったフライト!エコノミーの椅子は決して快適とは言えないものの、もはやそんなのは関係ない!

ただしこの便、シンガポール→成田間にしてはかなり長時間。通常7時間のところ、10時間近くもかかるのです。なぜなら、深夜のバンコクに寄り道する便だから。。

シンガポール20:40-SQ632(9:20)-+07:00成田(時差1h)

バンコクまでは2時間半ほどのフライト。旅の終わりの始まりと、休み明けの仕事を想いながらタイガービールを頂きます。しかし旅の最後に別の国に(入国はしないけど)寄り道って落ち着かないなぁ。。

バンコク滞在
◆経由地ミッション
バンコクには23:20頃到着…と言ってもタイはシンガポールとも時差があるのでまだ22時。問答無用で全員飛行機から出されて、セキュリティ一周して戻って来てね〜というスタイルでした。出発が23:05なので少し空港内を見る余裕があります。

せっかく来たからには!空港内なのでできるコトは限られてますが、個人的に好きなトンムアン(ココナッツロール)のコーヒー味を買って、ついでに象のぬいぐるみでも買って…くらいは何とかなる訳で!

昔エア・インディアの経由便を使った時は、そのまま機内に留まれたんですが、航空会社毎の方針なのか、空港のルールなのか、と思いながら再び同じ便のゲートに戻ったのでした。

- 1 / 4 ( 日 ) -
◆真冬に帰ってきた!

翌朝、大体定刻に成田に到着です。
降機後に飛行機側を振り返ると、ちょうど奥の滑走路にはシンガポールをもうちょっと遅く出た直行便が着陸したところでした。まぁ空港でヒマしてるよりはバンコク(の、空港だけど)に寄り道できた方が良かったかな。

成田山でも寄って初詣してこうかな…と思ったものの、寄り道はバンコクでしたし十分かーと良くわからない理由で却下し、帰国後はまっすぐ自宅に戻ったのでした。


<感想と展望>

リゾートでのんびり…と思っていたら、風邪をひくというありがちな展開に涙。
まぁ、どっちにしてもゴロゴロしてた訳ですが(笑

最初のシンガポール旅行記で掲げた今後の展望のうち、カヤ・トーストやチリ・クラブのグルメ路線は今回で達成。あとはラッフルズに泊まってロング・バーにでも行きますか!遥か彼方の目標になりますが…。

ランカウイは何よりもケーブルカーに乗れて良かった!思っていたよりも純朴なリゾートといった感じで、メジャーどころより刺激は無いものの純粋にのんびりしたい向きには合うのではないかと思いました。家族を持ったらいずれ再訪しても良いのでは…って感じかなぁ。その時はもっとちゃんとしたホテルに泊まろう!

←7日目(1/2)へ戻る■
Travelogue:22 / Singapore-Langkawi