S h o r t T r i p 0 0 3 : 大 分 , J a p a n --- START
◇2006/07/08〜07/09
大学を出て就職して、同期で色々な企業へ就職した友人達も配属で地方へ散り散りに…。
大学4年の秋に台北で出会った旅仲間も、ある奴は九州へ、ある奴は四国へと旅立ってしまったのです。

と、言う訳で05年12月の高松強襲に続くおおしろメンバーを訪ねる旅第2弾!
今回も「しもじょーくん」と何とか日程を合わせ、大分にいる旅仲間「がっくん」のトコロへ行くべく準備を進めていったのでした。
<計画と準備>
航空券

JAL「バーゲンフェア」

\23,600-(往復)
宿 「がっくん」の家 泊めてくれてありがとう!
現地の足 「がっくん」の車 ホント、何から何まで
ガイドブック 「がっくん」の本 頼りっぱなしでした!
 完全にノープランではないけど、手抜き。。実を言うと、バーゲンフェアの予約を5月にしたらもうなんか全部準備した気に(笑) 結局、出発直前になって慌てだして「ごめん、泊めてもらっていい?ホントごめん!」とがっくんに泣きついてお願いしたような。。あげくの果てにガイドブックまで無し。旅というものを完全にナメきった姿勢ですが、それでも快く迎えてくれた彼はホント、素晴らしい友人です。

◆7/08 南風とシャワー "Southern Breeze & Shower"

羽田空港

朝9時過ぎ、単独で羽田空港着。今回、朝が早いこともあってしもじょーくんとは空港での待ち合わせ。ひとまず展望デッキにて時間潰しをして、しもじょーくんからの連絡を…

来ないし!

ひとまず出発ロビーへと戻り、連絡を…取れない!何回かかけるとやっと繋がり、「もう中だよー」と言われて慌てて中へ。いやはや、危うく寂しい一人旅になるトコでした。そして実は今回、ICチェックイン初体験だったのでドキドキしつつピッ、とタッチ&ゴー。しもじょーくんと会い、空弁も買っていざ機内へ。

■JAL1785便 羽田09:40→11:15大分

て、大分に着いた我々を待ってい…あれ、まだ着いてない?待つことしばし、愛車に乗ったがっくんの到着。半年ぶりという久々の再会を喜びあって、ホンダ・ロゴの中へ。2ドアだったのでしもじょーくんと交代で後ろに乗ったんですが、後部座席とも距離が近いのが話しやすくて○。

そして向かったのは杵築市にあるうどん屋さん。実は大分、うどんもそこそこ名物だそうな。麺がツルツルで美味しい!真っ黒な出汁のおでんも頂き、早くも満腹。。

地鶏うどん
守江湾

うどんを食べてすっかり満足して店を出ると、実はこのお店海のすぐそこ。守江湾が干潟っぽくなっていて、そこには忘れられたかのようなボート。なかなかに見晴らしの良い風景が広がっています。写真には写っていないのですが、干潟で漁をしている人もチラホラ。

その後、がっくんの家にしばしお邪魔して行き先を決めて再出発!そう言えば、さっきのうどん屋さんでタダで配っていたダシ取り後の昆布をつい貰ってきてしまったものの、早くも持て余し始めたので冷蔵庫に一時保管をお願いしました(^^;

このちょこっと日本離れしたスッキリした景色、湯布院へと向かう車窓です。思わず窓を開けて一枚。ミラーに自分が写りこんでたりしますが。。ちょうど高速には霧がかかって通行止めになってた頃だったのですが、一般道は何とか走れた状態です。ちょうどこの辺りで、帰路はスコールのような雨に打たれました。屋根が壊れるかと(笑

杵築市から別府を越えて、この辺りまでは1時間ちょい。さて、ちょっと疲れてきたかな。。

車窓・湯布院近く
湯布院全景

という訳で、暫く走った見晴台にて休息。自分は黒ゴマのソフトクリーム、がっくんとしもじょーくんは名物(?)らしき豆腐アイスクリームを買って、ベンチでこの素晴らしい景色を眺めつつしばしまったりです。晴れてればもっとよかったけどね。

さぁ、湯布院の街を上から見渡した後は、いよいよ街中に突入です。

とうとう湯布院の街に到着。知る人ぞ知る無料駐車場(ココ)に車を止め、さぁ街へ!いきなり飛び込んできたのがこの景色。あぁこの江戸ライクな光景がたまりません。湯の坪横丁と呼ばれるこのエリア。ちょこちょこっと買い食いをしたり、お土産を見繕ったりしつつ散策。

次は湯の坪街道という駅から延びるメインストリートをぶらぶら。個展を冷やかしたり、なぜかヘラクレスオオカブトを触ったりしつつ街歩きです。人通りもあって賑やかで、かなり雰囲気の良い街です。

湯の坪横丁
とこやチャリ

充分街歩きを堪能した次は、自転車で風を切ろう!というコトに。さてどっかにレンタサイクルあるかな〜と思っていたら、がっくんが前に使ったトコがあるらしい。じゃそこへ!と来てみるとマスターはお客さんの髪の毛を切っていた。床屋じゃーん!

そこへ入っていくがっくん「自転車借りたいんですけどー」「あいよー」 えー!

こうして、我々は見事床屋印の自転車をゲットしたのです。料金は300円くらいだった気が。

自転車でやってきたのは「ほたるの宿 仙洞」という宿。日帰り入浴でやってきたこの宿なんですが、正直なトコロ3人で最後まで泊まるかどうか迷ってました。本当に素敵な宿。野趣溢れる露天風呂、風情溢れる玄関、そして!生ビールのサーバがお風呂出たトコに置いてあるんでその気になれば飲み放題(笑)

500円の日帰り入浴料を払ってお風呂へ。期待しつつ向かうとそれに違わぬ素晴らしさ!いやー、日本もいいねーなんて話をしながらのんびり3人で長風呂。

サーバが!
雨と紫陽花

素晴らしい露天風呂に入り、生ビールを楽しみ、出てくると結構な雨。いや露天風呂にいたからわかってはいたんですけどね。。まぁ急ぐたびでもなし、少し雨宿りでもしてきますか。幸いビールもあるし!協議の結果飲めるコトになったので。。

この宿、フラッと庭を歩けば幾らでも写真の題材が転がってます。ちょうど紫陽花が咲いていたので一枚。

いつか泊まりに来よう、と心に誓って一枚。あぁ素晴らしき日本的風景!

さてさて、この後はシャワーのように強くなった雨に車体を打たれながら移動。がっくんが別府市内の絶品の焼肉店に連れて行ってくれ、かつ地元近く(と言ってもがっくん宅から車で約30分)の温泉にも行き、ちょい塩風味のお湯を堪能。もちろん、コーヒー牛乳も!(笑)

最後はがっくん宅で地元大分のテレビを見ながらケラケラ笑うという素敵なひと時を過ごしました。OBSは相当ツボでした、正直。

宿入り口
翌日旅行記へ

トップページ旅行メニュー